生活苦で死にたいときはどうしたらいい?

日々生活に追われ、生活苦のため、自分の自由になるお金がなく好きなことも出来ない日々の中で、死にたいと思う時は誰にでもあり得ます。
辛い生活苦で、死にたい感情が芽生えても、辛いときは一生続くということではありません。
長い人生で考えると、今は猫の手も借りたいくらい忙しいということで、言い換えると、忙しいくらい人生に充実しているということです。
世の中で、暇で毎日することがないほうが不幸です。
することがないと頭もボーっとしますし、毎日の生活でメリハリが生まれません。
生活苦は一生続くことではありません。
死にたいくらい忙しいし、自由に使えるお金がなく、経済的に苦しくても、いつかはきっと晴れる日が来ます。
自由に使える時間ができたら、アルバイトやパートなどをして、小銭を稼ぐことができますので、そうすれば、生活に余裕が出てきますし、何より心に余裕が生まれます。
心にゆとりや余裕がないと、人間は狭い考えに打ちのめされ、頑固で偏屈な人間になってしまいがちです。
忙しい中にも、自分なりの趣味をみつけ、生きがいを見つけて、行動することが肝心です。
ヨガやストレッチをして体と頭をほぐしてあげ、お風呂に入るだけでも楽になれます。

seikatu1

生活苦から抜け出して生きる方法はある?

借金や失業などによってお金の工面が苦しく、生活苦に陥り、生きることを放棄してしまう人が少なくありません。
生活苦を抜け出すためには、お金を確保しなければなりませんが、どうしても抜け出せない場合は、まず月々の出費を見直すことです。
贅沢はないか、ギャンブルの投資によって家計を圧迫している状況ではないか、何が原因なのかを自分自身でもう一度見直す必要があります。
借金がある方は、まず借金を無くすことが一番重要です。
消費者金融などの会社からお金を借りた場合、利息が必ず付いてきますので、借金が借金を生み出してしまいます。
生活苦を抜け出して生きるためには、少しずつでもお金を溜めなければならないので、毎日少しずつ節約をして月々の出費を減らすことです。
食費はなるべく自炊をすることで抑えることができます。
お米を炊き、おかずと味噌汁を作るだけで、一食200円以内に収めることができます。
外食やコンビニのお弁当を購入すると一食500円以上はするため、一回の食事で300円前後の節約ができます。
光熱費を抑えるには、お風呂は禁止にし、シャワーのみで済ませることで安上がりになります。
幸せに生きるためには日々の生活で努力する必要があります。

seikatu2

年金だけの生活苦でも借入はできる?

老後破産などで、生活苦や急な出費の場合お金を借りることは可能です。
現代の日本では、高齢化が進み年金生活をしている人は毎年増えています。
しかし、支給額の改正や受給者対象の引き上げなどで、生活苦になっている人も同時に増えています。
年金生活では、普段の暮らしの中でも生活苦がおこりやすくなります。
そんな状態のときに、病気やケガなどで思いがけないお金が必要になるケースは出てきます。
そうした危機的な場合には、年金受給者を対象とした貸付をしているところがあります。
しかし違法業者もいますので注意が必要です。
正式に借りることができるのは、2社だけです。
独立行政法人福祉医療機構と株式会社日本政策金融公庫になります。
こちらは、受給者本人の名義で返済は年金から支払う形になります。
ただ、金利が2%と安く、手数料なども不要ですが保証人が1人必要です。
融資限度は、約250万円となります。
こちらから、借入をすると返済が終わるまでは、年金を受け取ることができないので注意が必要です。
それを踏まえた上で、借入をするのなら、借りることができます。

seikatu3

シングルマザーは生活保護を受けられる?

生活苦にあるシングルマザーは、生活保護を受けやすいと言われています。
シングルマザーが、特別扱いをされるというわけではありませんが、生活保護を受けるための条件を満たしやすいのです。
生活苦にある人は、福祉事務所に相談をしてみましょう。
水際作戦といって、福祉事務所が、なにかしらの理由をつけて生活保護を受けさせないようにすることが社会問題となっていますので、自分でも調べてみて、怪しいと思ったら法テラスなどに相談をしてみましょう。
法テラスでは、一定の資力条件を満たしていれば、1つの事案につき3回まで無料で弁護士に相談が受けられます。
シングルマザーの人は、父親から養育費をもらっていないという人も多いです。
子供にとっても、父親からの養育費をもらっていることで、父親から扶養をしてもらっているという精神的な支えになることがあります。
養育費は母親だけの権利ではなく、子供の権利でもあるので、しっかりと行使をしてあげましょう。
父親には養育費を支払う義務があるので、裁判をすれば高い確率で支払いが認められ、強制的に徴収することもできます。
養育費についても、法テラスで相談をしてみるとよいでしょう。
生活苦にあるからといって、安易に生活保護を頼るべきではありません。

seikatu4

生活苦でどうにもならない?

生活苦でどうにもならないと感じているなら、思い切って人に相談するというのも方法としてあります。
1人で抱え込むよりも、解決方法に詳しい人の意見を聞くことで、知らなかった解決方法で新たな可能性を見つけることができるかもしれないからです。
そう、あなたが知らない対応策がまだまだ大量にあるかもしれません。